« 仕事になりませんでした | トップページ | 家族みんなで看取ることができました »

2016年7月 5日 (火)

肌寒い日でした

肌寒い日でした。

体温が再び下がってしまい、妹と母が、人肌で一日中暖めました。
私は、体表面の体温が低いので、温め役には向いてないようで、
もっぱら食事係に徹しました。

早朝から、薬やゲル、ごはんもよく食べました。
シリンジからアイス用の木へらに変え、
彼女も私たちも、その方法でごはんをあげることに慣れてきました。
水もよく飲みました。
排泄もひんぱんにあり、詰まっていたお通じも出ましたが、
出すときがつらそうでした。

母と妹が交替で抱いている間、
私はどうしていいかわからなくて、
編みかけのまま放置していた、彼女の冬用の毛糸のマットを出してきて、
一心不乱に続きを編んでいました。

食事の時間になると、私が缶詰の療養食をお湯で溶いて、
左手で口をこじあけて、食べさせるようにしました。

夕方、少し涼しくなったので、母が抱っこして庭に出ました。
彼女が18年間、遊んで、見回りして、匂いをかぎ、季節を感じた庭です。

その後、庭に面した彼女のお決まりの場所で横になっていました。
周りを蚊が飛んでいたので、捕まえようと左手を伸ばしたら、
いきなり彼女が両手で私の左手を引き寄せて、噛みつきました。
私の手首にがっちりついた2本の噛み後は、3時間消えませんでした。

夜、母が抱っこしながら、テレビを見ている間は、
体温はかなり戻っていて、
彼女が顎を乗せていた、母の右手首が、低温火傷になったほどでした。

(このブログは、2016/8/24以降に投稿しました)

« 仕事になりませんでした | トップページ | 家族みんなで看取ることができました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1894156/67893872

この記事へのトラックバック一覧です: 肌寒い日でした:

« 仕事になりませんでした | トップページ | 家族みんなで看取ることができました »