« 天の川を渡ったのでしょうか | トップページ | 彼女のことを思い出しています(1) »

2016年7月 8日 (金)

なんだかけだるいです

お天気が曇りで、なんだかけだるいです。
月曜日に手に残っていた、スープの匂いは、消えてしまいました。
心臓がズキズキと痛みます。

私の祖母は、30年近く前に亡くなりましたが、
厳しくて、きちんとした人でした。
そして、ちゃんといつも、見ていてくれる優しい祖母でした。
私は妹が生まれるころ、祖母と一緒にいることが多かったので、
厳しいけど優しい祖母が好きでした。

彼女は、今思うと、その祖母によく似ていました。
そして、姉のような存在でした。
自分でこうと決めたことは譲らないし、ルールは変えない頑固なところがありました。
仔猫の頃はともかく、大人になってからは、頼りすぎていました。
私たちの方が甘えていました。

特に、手の焼ける父のことを、いちばん気遣っていたのは彼女でした。
トイレや洗面やお風呂からの帰りが遅いと、
迎えに行ってました。
喧嘩してると、怒られました。

もっともっと一緒にいたかった・・・なんて何度も思うけれど、でも違うんです。
もっと一緒にいたら、いなくなった時に悲しむと思って、
後悔しない程度に、私が傷つくことが最小限になるように、
私のところには、少しだけ、来てくれたんじゃないかと思うのです。

いつもべったりだった父に、
亡くなる2カ月くらい前から、少し距離を置くようになったのも、
急にいなくなったら、父がショックを受けると思ったからなんじゃないかと思うのです。

彼女は、何もかも、知っていた、わかっていたんじゃないかと思うのです。

(このブログは、2016/8/24以降に投稿しました)

« 天の川を渡ったのでしょうか | トップページ | 彼女のことを思い出しています(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1894156/67906738

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかけだるいです:

« 天の川を渡ったのでしょうか | トップページ | 彼女のことを思い出しています(1) »