« ありがとう | トップページ | なんだかけだるいです »

2016年7月 7日 (木)

天の川を渡ったのでしょうか

まだ7月上旬だと言うのに、
うんざりするような暑さです。
暑いのが大嫌いな彼女は、逃げ出してしまったのでしょうか・・・

午後まで仕事して、花屋さんでたくさんの花を買って帰りました。

そして、病院に紹介していただいた霊園で、
火葬をさせていただきました。

いつもみんなを驚かすことが好きだった彼女は、
亡くなっても私たちを驚かしました。

もっとも重かった時でも3.5kgしかなかった、小さな体でしたが、
彼女の骨はびっくりするほどきれいに残りました。

仔犬のようにがっちりしてて、足が短いと思っていたら、
実はとても足が長かったとか、
小さな肩甲骨の骨もしっかり残り、
爪もたくさん残っていました。

何よりも、私に噛みついてくれた、あの上下の牙が、
まるで恐竜の骨のように、しっかりと残っているのです。

火葬に立ち会って下さった係の方のお話では、
「爪が残っていると、あの世で自由に歩き回れる」、
「歯(牙)が残っていると、あの世で食べるものに不自由しない」、とのことでした。

動物病院の先生にも、霊園の担当の方にも、火葬の係の方にも、
「この子は幸せだったんですね」
と同じように言われました。
幸せだったのは、私たちの方でした。

動物たちは、虹の橋を渡ると言いますが、
七夕のこの日、彼女は空に帰りました。
天の川を渡ったのかな・・・なんて、思います。

(このブログは、2016/8/24以降に投稿しました)

« ありがとう | トップページ | なんだかけだるいです »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1894156/67906632

この記事へのトラックバック一覧です: 天の川を渡ったのでしょうか:

« ありがとう | トップページ | なんだかけだるいです »