« コットン毛糸でつけ襟を編んでみました | トップページ

2018年9月24日 (月)

ガーゼマスクを作りました

理由があります。
こどものころは、喘息はありませんでした。
何年か前から、夕方になると出る微熱や冬場の寝汗に悩まされてきました。
今年は、ヒノキ花粉が例年の43倍だったせいか、
アレルギー症状の期間が長かったせいもあります。
6月に、息苦しくて、呼吸器内科を受診しました。
喘息かもしれないと言われました。
レントゲンの結果は何も出なかったので、肺炎や結核、肺がんの可能性はなさそうですが、
喘鳴のようなヒューヒューとかゼーゼーという音ではなく、
息を吸うとメリメリという音がしていました。

吸入薬のおかげもあってか、7月8月は体調が比較的安定していたのですが
台風が来ると、倒れてました。
9月の21号接近時に、再びおかしくなり、
大きい病院に駆け込みました。
CTや肺機能検査の結果、完全に気管支喘息と確定してしまいました。

つまり、一生もの・・・大人の喘息は治りません。
走れない、叫べない、人込みや高山には行けない。
とりあえず、インドやペルーに、行っておいてよかった。
というわけで、1年中、アレルゲンから身を守る必要が出てしまい、
使い捨てマスクの上から、更に巨大なマスクをつけることにしました。
でも、売ってない。バイク用とかUV対策とか、横から空気が入ってくるものが多いです。
なので・・・ガーゼで自作することにしました。

とりあえず、紙でプリーツを試作して、

3p9289423

それからダブルガーゼの二重、三重で、試作してみました。

3p9289424

顔の3分の2は隠れます。

3p9289431

使ったら、薄めたキッチンハイターで消毒し、
薄めた中性洗剤で押し洗いします。
ネットに入れて、脱水だけ洗濯機。

ああ、インフルエンザと肺炎球菌ワクチンも接種しないといけないんですね。
花粉シーズンも命がけです。
たった一度の発作で死ぬ人もいるというので、怖い。

マスク型の空気清浄機って売ってないんでしょうか。
あの、防毒マスクみたいな感じの・・・

« コットン毛糸でつけ襟を編んでみました | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1894156/74303517

この記事へのトラックバック一覧です: ガーゼマスクを作りました:

« コットン毛糸でつけ襟を編んでみました | トップページ