06 内装DIY

2015年1月24日 (土)

プチ修復 ふすまの穴をふさぎました

廊下の襖の穴が気になっていたので、
プチ修復しました。
いずれは新しいふすま紙でちゃんと張り替えたいと思います。

黄色っぽく変色したふすま紙の修復には、
クラフト封筒がいちばんです。
色が近いんですよ(笑)

100円ショップで売っているクラフト封筒を
丸いもの(缶とかビンとか小皿とかなんでもOK)で
穴よりも大きく丸をつけ、
ハサミで切りぬきます。

テープのりで全面を塗って、
穴の部分に貼るだけです。

水のりやスティックのりだと、乾いたときにしわになるので、
テープのりが、手軽できれいにできるので、おすすめです。

2015012402
左の襖の穴

2015012404
右の襖の穴

2015012406
補修後

2ケ所の穴が目立たなくなりました。
補修用に売っている桜の形のシールとかありますが、
とがっている部分からめくれて、はがれやすくなるので、
シンプルな形の方がいいみたいです。

ふすまの穴が気になったら、ぜひお試しください。

2014年11月22日 (土)

はじめての襖の張り替え 失敗しました

昨日張った、押入れの本ぶすまですが、
結局しわだらけになったままでした。

ふすま紙に糊を塗らなくてはいけないのに、
襖本体に糊を塗ったからいけないんです。
貼った後、本体の方が乾いて縮んだので、
思いっきり、ふすま紙はしわだらけになりました。

しわが目立たないような柄を選んだつもりだったのですが、
蛍光灯の光に反射して、思いっきり光って目立ってます。

かなり凹んでから、納戸の襖と入れ替えました・・・(T_T)

戸襖は、両面テープを使って、
100円ショップの色画用紙を下張りに使いました。

2014112201

そして、四辺だけ両面テープを使って、
ふすま紙を張りました。

2014112202_2
両面テープだとなんとかキレイに張れました。
引手は明日届く予定です。

2014年11月21日 (金)

はじめての襖の張り替えに挑戦しました

20141121
張り替えに使う道具いろいろです。

2014112101
押入れの本ぶすま・・・変色と穴が酷いです。

2014112105
本ぶすまの張り替え後。

実は・・・ふすま紙に糊を塗らずに、本体に塗ってふすま紙を貼ったので、
糊を塗るのが逆になってしまい、しわだらけになってしまいました(泣)

2014112102
納戸の本ぶすま

2014112106
戸襖の張り替え前

2014112103
戸襖の中身を引きはがしたところ。
茶色く変色し、ボロボロと崩れるほどの劣化です。

2014112104
戸襖は明日、張ります。

2014年7月 7日 (月)

フローリングワックスをかけました

家じゅう、私の工事道具と材料でごった返しているのですが、
フローリングワックスを何年もかけていないことに気づき、
先日ハンズでスプレー式のワックスを購入してきました。

いっぺんに作業できないし、
今日は外の作業もできないので、こんな感じでちょこちょこのお仕事です。

階段の3分の2ほどを除菌アルコールで拭き掃除して、
スプレー式のワックスを塗りました。

ワックスがけも久しぶりだ~

2014070701_4
使ったのはこちらの製品です。
布で軽くふきのばして、5分で乾燥するそうです。

2時間くらいは立ち入り禁止にしました。


 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村